医療業界でのファクタリングサービスについて

ファクタリングサービスは、本来は商取引の世界の中で発生したものです。現代の商取引においては売掛と呼ばれる、売買契約に基づいて先に商品を納品し、その後代金を支払うといった事が行われていますが、取引上商品を納品した時点で帳簿上は売買が成立したようになっています。その為、実際に現金が入金されるまでは売掛債権と呼ばれる債権が販売側に残ります。
これを早く現金化したい場合、一般的には約束手形などの債権を事前に銀行などに安く売却することで現金を得るのですが、約束手形などの場合には支払日に現金が銀行に支払われないと販売元が責任を持って買取らなければいけないため、非常にリスクの高いものとされていました。これに対してファクタリングは業者が債権を買い取る方法で、買取価格は約束手形などに比べ安いのですが、支払いが行われなかった場合のリスクは業者が負うため、販売側は確実に現金を入手できることになります。これを医療現場に応用したのが医療業界でのファクタリングサービスです。
医療業界でのファクタリングサービスは、売掛債権が医療保険となる為、健康保険組合などが倒産するなどして支払いがされない可能性は極めて低く、そのため現金化出来る割合が非常に高いこと、また一般的に診療を行ってから最短でも支払いが2か月後になることから病院などのキャッシュフローの改善に大きな効果が有ることなどから広く普及しています。さらに、最近では介護現場でも広く利用されており、収入の少ない介護施設などでは有効な方法として利用されています。
ファクタリングで刑事告訴?やってはいけないこと